キーワード
朱色の風 -中央線と駆け抜ける日々-鉄道むすめ研究会員-
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Written by スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

反照

 
2010/01/29(Fri) Written by 鉄道むすめ研究会員
ある日の深夜、灯りの消えた大月駅――
DSC02258r.jpg
しかし信号の灯は消えることなく、止まっている電車を照らしていました。
スポンサーサイト
 
Comment  |  Trackback0
 
 

残雪踏みしめて

 
2010/01/24(Sun) Written by 鉄道むすめ研究会員
1月16日のこと。日陰にはまだ、4日前の雪が融けずに残っていました。
DSC02704r.jpg
そんな雪の感触を確かめるように、201系がゆっくりとカーブを通過していきました。

 
Comment  |  Trackback0
 
 

お昼休み

 
2010/01/22(Fri) Written by 鉄道むすめ研究会員
正午過ぎの都心――
御茶ノ水昼
私達はお昼休みに入りそうな頃合いですが、H4編成の仕事はこれからが本番のようです。

 
Comment  |  Trackback0
 
 

ちょっと違う

 
2010/01/14(Thu) Written by 鉄道むすめ研究会員
2009年10月9日。国分寺駅のホームに201系がとまっていました。
hakonegasaki.jpg
見慣れない「箱根ヶ崎」がさりげなく表示されていたことに、相当びっくりした記憶があります。
(中央線からの直通箱根ヶ崎行きは2008年ダイヤ改正で登場したため、201系の充当はありません。)

 
Comment  |  Trackback0
 
 

乗り継ぎ

 
2010/01/12(Tue) Written by 鉄道むすめ研究会員
夜もふけた高尾駅でのこと――
DSC02170r.jpg
高尾を越えて家路につく人のために、201系と115系が絶妙の連携を見せていました。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

踏切にて

 
2010/01/06(Wed) Written by 鉄道むすめ研究会員
雲が広がり寒くなってきた、ある冬の午後のこと――
DSC01954r.jpg
小さな踏切を、かつての中央線の主役が通過していきました。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

201系の"201"0年

 
2010/01/03(Sun) Written by 鉄道むすめ研究会員
あけましておめでとうございます。
DSC01627r.jpg
撮影した年がいつだか分かるように、イルミネーションにある2010年の表示と201系とを写してみました。

 
Comment  |  Trackback0
 
 

花×電車2009 《7》=おわり

 
2009/12/29(Tue) Written by 鉄道むすめ研究会員
線路際に見つけた、ちいさな秋。可憐に咲くその姿に、ふとカメラを向けてみたくなりました。
DSC05307r.jpg
曇り空の下に咲くコスモスの一群。ふと気づくと、秋も中盤にさしかかっていました。

きばなこすもす@東中神20090921
(2009年9月21日 東中神-中神駅間)
コスモスと言えばピンク色の花が一般的ですが、実はオレンジ色のコスモスもあります。青梅線、東中神駅近くの踏切脇には「キバナコスモス」と呼ばれるオレンジ色のコスモスが咲いていました。(CLAP)
 
Comment  |  Trackback0
 
 

光と影

 
2009/12/21(Mon) Written by 鉄道むすめ研究会員
光と影が複雑にからみあう、冬の午後。
DSC01921r.jpg
201系が走る街をこれからどのくらい見ることができるのだろう、という思いがふと頭をよぎります。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

五里霧中

 
2009/12/15(Tue) Written by 鉄道むすめ研究会員
霧が深く見通しのきわめて悪い朝、線路際に立っていると・・・
DSC08521r_20091217085844.jpg
見慣れたオレンジ色の電車が、朝霧の中を突き抜けていきました。
 
Comment  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。