キーワード
朱色の風 -中央線と駆け抜ける日々-一ミツ-
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Written by スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

姨捨

 
2010/01/31(Sun) Written by 一ミツ
 長野県に姨捨(おばすて)という駅があります。篠ノ井線の姨捨といえば、鉄道ファンが思い出すのは盆地を見下ろす雄大な景色。かつて国鉄時代には「日本三大車窓」とも呼ばれました。またスイッチバック駅といって、駅に出入りする列車が一度バックしなければならないことも、鉄道好きには面白い点です。

 中央線を走っていたオレンジ色の201系電車は、多くがこの姨捨を通って長野へと向かい、解体されました。今からちょうど2年前の1月31日にも、この姨捨駅を通って長野に向かった201系がいました。
姨捨のH1
(2008年1月31日、姨捨)
 雪の積もったホーム。先頭に見えている車両は「クハ200-2」です。前々日まで掲げていた白い編成札には赤い字で「1」と書かれていました。

スイッチバック
(2008年1月31日、姨捨)
 この電車は「H1編成」。中央線や青梅線で700両の大勢力を誇ったオレンジ色の電車の中で「トップナンバー」とされた編成です。201系に限らず、トップナンバーは鉄道ファンの注目の的。私自身は、この「H1」の廃車回送は何が何でも見に行こうと、ずいぶん前から心に決めていました。
 この日、10両のうち6両が長野へと廃車回送されました。終焉の地へ向かう最後の長旅で、終盤の休憩をする駅の名前が「姨捨」だというのは、もしも演出だとすればちょっと憎すぎる気もします。
スポンサーサイト
 
Comment  |  Trackback0
 
 

2年前の日常

 
2010/01/23(Sat) Written by 一ミツ
 今からほぼ2年前の1月下旬、朝の高円寺で並んだ201系。H1編成とH2編成(旧H11編成)です。
高円寺のH1とH2
(2008年1月28日、高円寺)

 すでに201系は中央線で貴重な存在になっていましたが、まだこのころは比較的容易に201系の並びを撮ることができました。この日はH1編成の営業運転最終日と噂され、一日中追いかけたのを覚えています(実際にはダイヤが乱れて豊田に帰れず、翌日も走りました)。

H3編成、中野
(2008年1月28日、中野)

 同じ日に撮ったH3編成(旧H12編成)。写真の出来はともかく、このころは朝のラッシュ時に1~2時間頑張っていれば201系の写真が何枚も撮れました。まだ2年しか経っていませんが、もっとずいぶん昔のことのような気がします。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

国鉄の面影

 
2010/01/19(Tue) Written by 一ミツ
 冷え込む朝の八王子駅、電車を待つ乗客たち。そこに到着した2本の電車。
むさしの並び
(2009年1月9日、八王子)
 それぞれにヘッドマークを掲げた電車。どちらも日本国有鉄道が生み出した個性ある車両です。国鉄が消えて23年目、ここ東京郊外でも国鉄の心意気は生き続けています。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

御役御免

 
2010/01/11(Mon) Written by 一ミツ
 役目を終えた線路。すでに架線は撤去され、レールの上を電車が走ることはありません。
ムコ裏
(1月8日、武蔵小金井~国分寺間)
 その奥に輝くオレンジの電車。動いていませんが、ただのお昼寝。まだまだ役目は終えていません。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

月の四方津

 
2010/01/07(Thu) Written by 一ミツ
 「月と201系」というテーマで写真を撮ってみようと試みたことが何度かあります。
月の四方津、仲秋
(2009年10月4日、四方津) 
 上の写真は仲秋の名月の晩に四方津駅で撮った写真。休日ダイヤだと19時28分に、東京~大月直通の電車が四方津駅のホームを挟んで並びます。このときは左側の東京行きが53T運用に入った201系H4編成でした。

月の四方津、大晦日
(2009年12月31日、四方津)
 去年の大晦日の夜に201系が大月まで行くということで撮り方を考えていたときに、ふと月を見て上の写真を思い出しました。そこで今度は「逆パターン」を撮ってみました。2枚目の写真、右が57T運用の201系H7編成です。やはり月と絡めて201系を撮るのに最もふさわしい行先は「大月」ですね。
 余談ですが、このときは設定ミスによるカメラの不具合で、かなり慌てて撮りました。機会があればもう一度撮りなおしたいところですが、満月の晩の早い時間に201系が大月行きに入る機会が再び訪れるとは、あまり思いません。
 もちろん、左右の電車が共に201系なら言うことなし。でも今やそれは、もう奇跡以外の何物でもありませんね。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

新たな1ページ

 
2010/01/01(Fri) Written by 一ミツ
 あけましておめでとうございます。2010年、新たな年がまた始まりました。
多摩川初日の出

 E233系のデビュー後も3年余りにわたって、201系は走り続けています。中央線で201系が営業運転に入らなかった日は、まだ数日間だけ。今もたいていの日は早朝から動いています。
 いつの日からか、毎朝目を覚ますと真っ先に「きょうの201系の運用は何だっけ?」と思うようになりました。
トタ出庫チラ見せ
 前日までに運用が乱れ、予想できないときは待ち伏せすることがあります。そうして待っているときに201系が姿を見せると、ほっと安心します。運用なんて、正直どうでもいい。ローテーション通りでなくてもかまいません。とにかく今年も、一日でも多く走ってほしい。そんな気持ちで、私は新しい年を迎えたところです。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

花×電車2009 《3》

 
2009/12/24(Thu) Written by 一ミツ
 4月の終わり頃、土曜の朝6時。青梅線宮ノ平駅のそばに、ひっそりとハナミズキが咲いていました。
 駅にはだれもいません。出迎えたのは、この花と私だけでした。
宮ノ平ハナミズキ
(4月25日、宮ノ平)
 この駅にオレンジ色の201系電車がお客を乗せてくることは、もうありません。でも休日の朝には、この電車が回送扱いで姿を見せることがあります。

八王子ハナミズキ
(4月21日、豊田~八王子間)
 青空の下ならば一層映える白い花とオレンジの電車。でも曇り空の下を、なんとなく物憂げな表情で駆けてゆく201系「中央特快」の姿も悪くはありません。

国分寺ハナミズキ
(4月22日、国分寺~西国分寺間)
 こちらは国分寺駅の近く。まだ4月なのに、ハナミズキの爽やかな白い花弁は春というより初夏を思わせます。実際、201系を日々追い続けていると、春が去ってから夏の終わりが来るまでの時間はあっという間に過ぎていった気がしてなりません。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

花×電車2009 《1》

 
2009/12/22(Tue) Written by 一ミツ
 東中野駅近くの神田川。川岸に咲き乱れる桜。時折カメラや携帯電話で写真を撮る人々の姿を見かけますが、近くの歩道橋が鉄道ファンでにぎわうのとは対照的に、静かな時が流れます。その静寂を打ち破るように、ジェット音を響かせて電車が通過していきます。 
桜と201系、神田川
(4月6日、大久保~東中野間)

 ここ残堀川も、両岸を桜が埋め尽くします。水辺には菜の花が咲き、さながら花たちの競演。その真上で、新旧の電車が「競演」する瞬間がありました。
201系とE233系、残堀
(4月9日、立川~日野間)

 駅から遠いせいか、意外と穴場になっているこの場所。201系の行先表示は「回送」です。1日1本だけの武蔵小金井~国分寺間の回送に201系H7編成が充当されたこの日、花は一番の見頃を迎えていました。
国分寺回送×桜
(4月7日、武蔵小金井~国分寺間)

 都心から山中までを駆け抜ける中央線の201系。その線路沿いには、今年も四季折々の花が咲きました。201系と花が織りなす美しい光景の数々を通じて、今年を振り返ってみたいと思います。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

終夜臨

 
2009/12/19(Sat) Written by 一ミツ
 気が付けば今年も残すところわずか12日。

 少し気が早いかもしれませんが、中央線でも大みそか深夜から元日未明にかけて「終夜運転」が実施されます。今年の大みそかの終夜運転に、201系は入るのでしょうか。
 2年ほど前の、2008年元日未明の写真が手元に残っています。

終夜臨・御茶ノ水
(2008年1月1日、御茶ノ水) 

 東京駅を2時38分に出た9203Tの御茶ノ水発車シーンです(駅の電光案内はすでに次の電車を表示しています)。
 写っているのは、当時のH6編成(旧H16編成)。この編成を追いかけて9日後に長野県まで行くことになるとは、そのときの私には知る由もありませんでした。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

三鷹行き

 
2009/12/08(Tue) Written by 一ミツ
 先週末の中央線高架化工事ではひさしぶりに東京~三鷹間の折り返し運転が実施され、201系H7編成目当ての撮影者も多かったようです。
夜の快速三鷹行き
(12月5日、四ツ谷)
 実は、201系やE233系の三鷹行きは通常のダイヤでも運転されています。特に、休日午前の快速三鷹行きに201系が入るときは撮影者が各駅に数人ずついることが多いようです。
快速三鷹行き
(9月12日、高円寺)
 一方で撮影者が非常に少ないのが、平日・休日を問わず運転されている深夜の「各駅停車三鷹行き」。東京駅0時35分発車で新宿を出るのは1時01分、乗っているのは酔客ばかりです。
各駅停車三鷹行き
(6月25日、三鷹)
 このときは深夜の三鷹駅の外の階段から入線を流し撮りしてみましたが、「回送」表示で入線してくることも多いのであまりお勧めはしません。
 
Comment  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。