キーワード
朱色の風 -中央線と駆け抜ける日々-投稿者別-
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Written by スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

姨捨

 
2010/01/31(Sun) Written by 一ミツ
 長野県に姨捨(おばすて)という駅があります。篠ノ井線の姨捨といえば、鉄道ファンが思い出すのは盆地を見下ろす雄大な景色。かつて国鉄時代には「日本三大車窓」とも呼ばれました。またスイッチバック駅といって、駅に出入りする列車が一度バックしなければならないことも、鉄道好きには面白い点です。

 中央線を走っていたオレンジ色の201系電車は、多くがこの姨捨を通って長野へと向かい、解体されました。今からちょうど2年前の1月31日にも、この姨捨駅を通って長野に向かった201系がいました。
姨捨のH1
(2008年1月31日、姨捨)
 雪の積もったホーム。先頭に見えている車両は「クハ200-2」です。前々日まで掲げていた白い編成札には赤い字で「1」と書かれていました。

スイッチバック
(2008年1月31日、姨捨)
 この電車は「H1編成」。中央線や青梅線で700両の大勢力を誇ったオレンジ色の電車の中で「トップナンバー」とされた編成です。201系に限らず、トップナンバーは鉄道ファンの注目の的。私自身は、この「H1」の廃車回送は何が何でも見に行こうと、ずいぶん前から心に決めていました。
 この日、10両のうち6両が長野へと廃車回送されました。終焉の地へ向かう最後の長旅で、終盤の休憩をする駅の名前が「姨捨」だというのは、もしも演出だとすればちょっと憎すぎる気もします。
スポンサーサイト
 
Comment  |  Trackback0
 
 

対称

 
2010/01/30(Sat) Written by Haya
飯田橋から市ヶ谷にかけて、中央線は皇居の外堀に沿って走ります。
中央線の快速に乗ってこのあたりに来ると、都心のビル街の合間を縫うようにして走る風景から一転、
開放感のある風景が颯爽と車窓を流れていきます。
ただし、お堀が見えるのは片側の車窓だけで、反対側は切通しの壁となっていて面白みはありません。

ある晴れた夕方、そのお堀端をオレンジ色の201系電車が轟音を響かせ通り過ぎていきました。
無風で穏やかな水面に、夕日を浴びてより一層鮮やかになった車体のオレンジが風景ごと上下に反転して映ります。
まるで水面を境に、2本の電車がいるようにも見えます。

夕日を浴びて外堀をゆくオレンジの電車
(2010年1月25日 飯田橋-市ヶ谷)


続いて上下対称ではなく、左右対称です。
こちらは、「本物」の2本の同じ電車がすれ違うとき、柱を境にきれいに顔の位置がそろった瞬間です。
この中央線の全身オレンジの201系電車はもう2本しか残っていません。
2本しか無い電車がきれいに顔をそろえて並ぶ瞬間は1日に数回ある程度で、
うまく写真に収めるのはそう簡単ではありません。

東小金井駅付近ですれ違うオレンジの電車
(2010年1月22日 東小金井駅付近)
 
Comment  |  Trackback0
 
 

反照

 
2010/01/29(Fri) Written by 鉄道むすめ研究会員
ある日の深夜、灯りの消えた大月駅――
DSC02258r.jpg
しかし信号の灯は消えることなく、止まっている電車を照らしていました。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

縁の下の力持ち

 
2010/01/28(Thu) Written by H6編成
私たちは当たり前のように駅や電車を利用していますが、私たちが安心して利用できるのは、陰で支えてくれている多くの人々がいるからです。
今回は、偶然撮ることができた「鉄道を支えている方々」と201系のコラボです。
IMG_1698.jpg
(2009年12月25日 御茶ノ水~水道橋)
夜間はもちろんのこと、昼間も点検や標識の清掃を行っています。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

中央線と富士山 - 多摩川

 
2010/01/27(Wed) Written by CLAP
中央線の車窓からは富士山が見える場所がいくつもあります。とくに空気の澄んだ冬晴れの朝は、富士山を眺める絶好のチャンスです。都心から下り方面の中央線に乗ると、国立駅周辺までは進行方向の左側に富士山を見ることが出来ますが、立川駅を過ぎると中央線はカーブを描きながら南下していき、立川駅から八王子駅にかけては進行方向の右側に富士山が現れます。

20100126多摩川
(2010年1月26日 立川-日野 201系電車)

こちらの写真は多摩川の立川市側土手から見た中央線と富士山です。青空の下、今では2編成だけとなったオレンジ色の201系電車が走っていきます。この日は朝から天気が良く、車窓からも富士山が良く見えたのではないでしょうか。

20100126多摩川233
(2010年1月26日 立川-日野 E233系電車)

角度を変えてみると、富士山だけでなく、奥多摩や秩父の山々も見渡すことができます。この場所へは立川駅から歩くこともできますが、多摩モノレールの柴崎体育館駅からも近く、また立川駅から立川バス新道福島行きに乗り、福祉会館前バス停でおりると便利です。天気の良い日はぜひ中央線に乗って、お出かけになってみてはいかがでしょうか。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

晩冬

 
2010/01/26(Tue) Written by Haya
春には満開の桜で沿線を賑わす東中野の桜並木ですが、冬の様子も撮っておこうと思い、出かけてみました。
桜はまだ小さなつぼみですが、菜の花はもう緑の葉をつけ、ごく一部に開花している花も。
もう春はすぐそこまで来ていますね。

晩冬
(2010年1月24日 東中野-中野 H4編成)
 
Comment  |  Trackback0
 
 

夜の外濠

 
2010/01/25(Mon) Written by たっきー
外濠。桜が綺麗なことで有名な場所です。
鉄道ファンにとっては、桜と中央線がとても綺麗に絡められることでも有名で、春になると、花と電車の写真を撮りに来る人たちで賑わいます。

その外濠、私にとっては、夜がとても印象的です。

暗い中で、高らかな走行音を発しながら四ツ谷へと疾走していく201系。いろいろな列車がこの暗闇の中を力強く走り抜けていく光景は非常に魅力的だと思います。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

残雪踏みしめて

 
2010/01/24(Sun) Written by 鉄道むすめ研究会員
1月16日のこと。日陰にはまだ、4日前の雪が融けずに残っていました。
DSC02704r.jpg
そんな雪の感触を確かめるように、201系がゆっくりとカーブを通過していきました。

 
Comment  |  Trackback0
 
 

2年前の日常

 
2010/01/23(Sat) Written by 一ミツ
 今からほぼ2年前の1月下旬、朝の高円寺で並んだ201系。H1編成とH2編成(旧H11編成)です。
高円寺のH1とH2
(2008年1月28日、高円寺)

 すでに201系は中央線で貴重な存在になっていましたが、まだこのころは比較的容易に201系の並びを撮ることができました。この日はH1編成の営業運転最終日と噂され、一日中追いかけたのを覚えています(実際にはダイヤが乱れて豊田に帰れず、翌日も走りました)。

H3編成、中野
(2008年1月28日、中野)

 同じ日に撮ったH3編成(旧H12編成)。写真の出来はともかく、このころは朝のラッシュ時に1~2時間頑張っていれば201系の写真が何枚も撮れました。まだ2年しか経っていませんが、もっとずいぶん昔のことのような気がします。
 
Comment  |  Trackback0
 
 

お昼休み

 
2010/01/22(Fri) Written by 鉄道むすめ研究会員
正午過ぎの都心――
御茶ノ水昼
私達はお昼休みに入りそうな頃合いですが、H4編成の仕事はこれからが本番のようです。

 
Comment  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。